昔の物

c0132608_22482297.jpg最近、実家において、次々と昔の物を発見いたしました

それは、束の間タイムマシーンに乗って過去にワープした気分にさせてくれる出来事です

1960年代の雑誌類、1970年の大阪万国博覧会の入場券、1972年の都電廃止の時の記念乗車券、1980年代の映画のプログラムや演劇の公演パンフレットなどなど

こんなにたくさんのものがこんなに綺麗に保存されていたのかぁ?…とひとしきり感心しています

中でも一番嬉しかった発見は、イタリアの映画監督ルキノ・ヴィスコンティのフィルム写真集が出てきたことです☆

何年か家の中を探していたのですが、ようやく発見した次第です

だいたいこういうものは母が保存係なわけですが、紙に印刷されたものを綺麗に保存するのは結構難しいのではないかと思います

古い物を大切にするということっていいことだなぁ…とシンプルにそう思う今日この頃です♪
[PR]
by kaikou-law | 2009-01-21 18:30 | 日常
<< 一歩一歩 加湿器2 >>