想像力


c0132608_20152844.jpg昔、とある人生の先輩に、「生きていく上で大切だと思う能力って何ですか?」という趣旨の質問をしたことがあります

返ってきた答えは、“想像力”でした

その人曰く、
「想像力があれば、他人の気持ちや立場を思いやることができるし、仕事においてもこの先何が起きそうかということを想定することができるし、自分が何を思い何を考えるかさえも思い描くことができるはず」
とのことで、それらのことができるということは、たいがいのことと上手に向き合えることにつながるとのことでした

それ以来、“想像力”はどうやって養われるのかということを日々模索するようになったのですが、個人的に、それは直接体験と間接体験からなのではないかと思うようになりました

自分が直接経験することというのは、感情や五感を伴って、自分の内側に深く染み込んでゆく気がしますし、人から聞く話や本や映画の物語などを通じて間接的に経験することもまた、他人事ながらも、時には忘れられない記憶となってゆく気がするからです

そんな風に思うと、一人が経験できることには“限り”があるから、より多くの人と向き合う中で色々なことを間接体験していけたら、より豊かな人生になっていくのではないかなぁ?なんていう風にも思えてくるわけです(^^)

いまいち言葉が整理できておりませんが…つれづれに思うことを書いてしまいました

早く暖かくなるといいですね☆
クリックで救える命がある。
[PR]
by kaikou-law | 2009-01-27 18:30 | 日常
<< 辞書 一歩一歩 >>