一年ぶりのサントリーホール

c0132608_16554317.jpg早いもので2月も今日で最後

2月は普段の月よりも短いため、本当に早く終わった気がしますが、もう一年の6分の1が終了したことになるんですね(^^;

そんな飛ぶような日々の中、先日、一年ぶり二度目のサントリーホールを訪れる機会に恵まれました☆

その日の演目は、ケルンWDR交響楽団(セミヨン・ビシュコフ指揮)による、シューマン(マンフレッド序曲)、ベートーヴェン(ヴァイオリン協奏曲二長調)、ブラームス(交響曲第4番ホ短調)でした

昔、オーケストラの演奏を間近で聴くと、沢山の音が一気に耳に飛び込んできてしまい、頭の中が混乱することが多かったため、なんとなくオーケストラのコンサートを敬遠していました

なぜなら、音楽を聴くと、それらが、頭の中でドレミファソラシドのいずれかの音符に次々書き換えられていくというクセがついていたからです

そのクセのせいで、オーケストラの演奏のように沢山の楽器が鳴り出すと、頭の中が山のような音符で溢れてしまってえらいことになっていました(^^;;

そんな混乱も、大人になって徐々に落ち着いてきて、最近は、ひとつのまとまりとして音楽を感じることができるようになり、昨年の今頃にあったサントリーホールでのコンサートも、今回のコンサートも、ゆったり堪能することができました☆

演奏が始まると、音楽の波の中に少しずつ身をゆだねていきながら段々気持ちが高揚し、(なんて綺麗なメロディーなんだろう)(なんでこんな風に音を奏でられるんだろう)…などといった色々なことを思い、感じて、音楽以外のことが目や耳に入らなくなっていきました

そして、最後の方では、まるで自分がオーケストラの中に組み込まれたかのような“音楽との一体感”を感じていました

こうして、素晴らしい演奏を余すところなく聴いて、音楽の素晴らしさをしみじみ思い、(またコンサートに行こう!)と小さな決意をした次第です☆
[PR]
by kaikou-law | 2009-02-28 18:30 | 趣味
<< 書面の検証 歯医者 >>