日々の法律相談

c0132608_1748847.jpg毎日のように法律相談をしていると、様々なことに気付きます

例えば、一見すると以前法律相談にいらした別の方と同様に見える状況の方であっても、その人の悩むポイントや悩み方は、以前の方とは全く異なっていたりします

ですから、「こういう場合にはきっとこう思うはず」「こういう場合ならこう考えてしかるべき」といった類の先入観のようなものを捨て去り、相談者の言葉に虚心坦懐に耳を傾けることが、何より重要だと痛感したりします

人それぞれに、忍耐できる対象も異なっていて、人それぞれに、限界を感じるラインも異なっていて、人それぞれに、物事を解決する方法も異なっているのだから、まさに何事も“十人十色”の向き合い方なのです

ただ、そうは言っても、弁護士に何かを相談しようと思い至る方というのは、少なくとも、自力で問題を解決することができないとか、解決できなくなる可能性があると判断されていらっしゃるため、その“悩み”の部分をいかに正確に理解できるのかが、日々の課題ではないかと思う今日この頃です

そんな中、大変ツライ状況にあって深い“悩み”を抱えているはずのご相談者が、本当に柔和な笑顔を見せて下さることが時折あります

そういう時、人の強さ・優しさを垣間見たような気がして、気持ちが凛としてしまいます
[PR]
by kaikou-law | 2009-03-05 18:30 | 相談
<< 裁判所@霞ヶ関 書面の検証 >>