真実

c0132608_21491274.jpg
横浜は、昨日も今日も大雨続きで気温が低く、風邪をひいちゃいそうです(∋_∈)

そして、GW明けから曜日の感覚がおかしくなっているようで、昨日が月曜日で今日が火曜日のような錯覚に陥っています

仕事上、GW明けに提出すべき書面が沢山あったので、両日ともバタバタと起案をしていたのですが、主張と証拠の整合性が少しの矛盾もないように…と確認作業をしているうちに、あっという間に時間が過ぎ去っていきました

そんな中、ふと、裁判所で争っている何件かの事件を見ていたら、原告の言い分と被告の言い分が真っ向から対立しているものが随分沢山あることに気づきました

そういった場合、どちらかが嘘を言っていることもあります

そうかと思うと、どちらも自分なりに認識した通りの主張をしている場合もあり、そうなると、嘘をついている訳ではないことになります

このような現実を幾つも目の当たりにすると、どちらの言い分が“真実”かを見極めるという事が、いかに難しい事なのか悟らざるを得ません(^^;)

そして、【“真実”はどこにあるのだろう?】…という意識ばかりで事件を見つめると、“真実”が真偽の評価を伴うがゆえに、自分の主観による事実の屈曲は避けられない気がしてきます

そんな訳で、結局は、「証拠に基づいてできるだけ客観的に事実を認定し、認定可能な事実を基礎として判断していく」…という裁判における事実認定の手法は、客観性を維持しながら事実を見極める上で、有効な方法なんだなぁ…と思った次第です

…などと相変わらずとりとめもなく書いているうちに、もう週末なんですね(^^;)

明日明後日は、少しお天気も良くなりそうで良かったです

皆様素敵な週末を♪
[PR]
by kaikou-law | 2009-05-08 18:30 | 業務
<< マッサージ Diversity and C... >>