子供の世界

c0132608_18341694.jpg台風が近づいて来ているらしく、週明けの横浜はすっかり雨模様の日々です

このところ、仕事でもプライベートの時間でも、子供と接する機会が増えています

そんな中、“子供の世界”を垣間見て、なにやらとてつもなく懐かしい感覚に襲われることがあります

“子供の世界”は、大人の目で見ると、本当にささやかで、限られたもののように見えることが多いのですが、それは、子供達にとって、精一杯自分たちが生きている世界であり、無限の可能性を秘めた世界です

そのことに思いを馳せる時、自分が子供だった頃の事を思い出して、郷愁にとらわれるのかもしれません

子供達は、数年、あるいは十年、十数年の人生の中で、周囲にあるものをスポンジのように吸収し、みるみる成長を遂げていきます

そして、その“吸収しているもの”がどんな内容なのかによって、“子供の世界”の色も形も、何もかもが本当に大きく異なっていきます

そんな子供達を、できるだけ温かい目で見守っていきたいなぁ…と、そんなことを思う10月6日でした☆

寒くなってきたので、手洗い・うがいを続けて体調管理に気をつけないといけませんね(^.^)
[PR]
by kaikou-law | 2009-10-06 18:30 | 業務
<< 話の聞き方 思いやり >>