時を重ねる

c0132608_19563719.jpgこのところ、仕事の中で、「時を重ねる」ことの意味を考えさせられています

例えば、何かを決めなければならない時、直ちに決めようと一気に前進するよりも、時を重ねながら、一歩ずつ前進する方が、後から振り返ると良い結果になることがあります

あるいは、何か書面を作成した時、作成直後に相手に送るよりも、少し時を重ねてから読み返し、修正をした方が、わかりやすい書面になることがあります

ともすれば、“結論”に至るまでに気が急いて、無理をしがちになるのですが、(いや、待てよ!?もう少し別の角度から考えてみたらどうだろう?)などと思いつつ、時を重ねてみると、見えなかった物が見えてくるから不思議です

ひょっとしたら、今の自分と、1時間後の自分や1日後の自分を比べると、違う視点を持つようになっているのかもしれませんし、自分自身が変わらなくとも、対象となる事物や人が変化しているのかもしれません

そういった意味で、「時を重ねる」ことというのは、意義深いことなのかもしれません

…などと、考え続けても答えの出ないようなことを考えてしまう12月16日でした(^^;)

皆様、風邪などひかれませんように☆
[PR]
by kaikou-law | 2009-12-16 18:30 | 業務
<< 一年間 神奈川県の裁判所 >>