中原先生・山田先生も先週末は横浜でお花見をしたようですが、私も山梨の実家(身延)に枝垂桜を見に行ってきました。

c0132608_11221094.jpg桜って、自分が歳をとるごとにより深く美しさを感じるようになっていく気がします。

この週末はあいにくの雨だったのですが、しっとりと濡れた花びらや、春の雨に煙る山の新緑もまた幻想的で美しくて、日本の春を強く感じる私でした。

消して華美でも派手でもないけれども心が惹かれるのは、たとえば枯山水の庭園とか懐石料理の盛り付けなどと共通する感覚で、これは私の中にいつの間にか培われた和の心なのかもしれません。

c0132608_11255882.jpg
1歳6ヶ月の息子も「サクラキレイ」などと言っていましたが、どんな感性で受け止めてたのでしょうか?






今年は開花してからずっと寒くて、長い間桜が楽しめました。
ようやく散り始めていますが、風に潔く散るところがまた素敵なんですよね。

桜のある道を選んで歩く日々がもう少し続きそうです。

河住
[PR]
by kaikou-law | 2010-04-08 11:30 | その他
<< 修習生の頃 お花見 >>