尋問期日

c0132608_19324374.jpg今日の横浜は、日中とても暖かく、半袖で出歩いている人が沢山いました☆

裁判所の正面玄関の前の通りは、大勢の人が道ばたの手すりに腰掛け、お昼ご飯を食べたり、お茶を飲んだり、思い思いにそよ風を楽しんでいるように見えました

とても心和む光景でした

このところ、民事裁判の尋問期日が断続的に入っていたのですが、それがやっと一段落して、ホッとしています

尋問については、主尋問の場合と反対尋問の場合で、考えるべきことがかなり異なります

主尋問であれば、尋問を受ける人の持っている情報や性格など、色々予測がつくのですが、反対尋問となると、そうはいきません

相手方の証人に対する反対尋問をする場合には、その日に法廷で初めて会う人である場合がほとんどなので、相手方代理人が主尋問をしている間に、その証人の性格、クセ、記憶の程度、その他諸々の情報を探って整理しておかなければなりません

そういう「観察力」が必要になるので、やはり、証人尋問で使う集中力というのは、一種独特のものだなぁ…と改めて思います

そして、尋問終了後しばらくしてできあがってきた尋問調書を熟読しながら、【後から読み返した時に誰もが理解できる言葉で話すこと】の難しさをしみじみ感じ、しっかり反省させられる次第です(^^;)

まだまだ精進が必要ですね☆
[PR]
by kaikou-law | 2010-04-21 18:30 | 日常
<< 進歩 横浜公園 >>