Climate Change & Legal Practice

c0132608_13535447.jpgGWも過ぎて、ようやく暖かさが安定したような気がします☆

おかげさまで、懸案のコロモガエも順調に進み、色々な物を春夏物に入れ替えられました

このGWは、例年通り、所属しているIPBA(Inter Pacific Bar Association)の定例会議に参加するため、しばらくシンガポールに行っていました

初めてのシンガポール渡航でしたが、連日35℃近い暑さで、寒さが苦手な私にとっては、夢のような環境でした♪

今年のテーマは、"Climate Change & Legal Practice"(気候変動と法律実務) ということでしたが、これを踏まえた講演は、リー・クアン・ユー元シンガポール首相、そして、アル・ゴア元アメリカ副大統領によるもので、様々な視点から、地球環境について考える機会となりました

ゴア元副大統領の「不都合な真実」を読んでいたせいもあると思いますが、話し方の力強さや、そこから伝わってくる情熱などが、とても印象的でした

それと同時に、やはり、政治家ゆえか、話し方が上手だなぁ…と、いたく感心してしまいました

今回は、Maxwell Chamber という紛争解決センターや、最高裁判所の法廷への見学にも行って来たのですが、どこも新しく、ハイテクな設備が充実していて、何より「明るい」事が印象的でした

他にも盛り沢山な内容だった今年のIPBA@シンガポールの参加者は、全1077名ということでした

毎年会う世界各国の友人達に再会することもできましたし、新しい友人もできて、とても有意義な5日間でした

来年の定例会議の会場は、京都に決まりました

海外ではないのがちょっぴり残念ですが、今年よりも更に多くの参加者となることを祈りつつ、友人達との再会を楽しみにしたいと思っています☆
[PR]
by kaikou-law | 2010-05-10 18:30 | 業務
<< 裁判員裁判の傍聴 進歩 >>