児童館

c0132608_17331938.jpg小学校に入るまでの間の一番想い出深い場所といえば、家の近所の児童館だったりします

その児童館は、公園の隣にあって、真ん中の入り口を入ると、正面に、絵を描いたり図画工作をしたりする場所と、大好きな本が沢山置いてある本棚がありました

入り口から左奥の方に行くと、そこには、エレクトーン、オルガン、その他の楽器が置いてあって、運動をする広めのスペースがありました

いつもそこにいた、年輩の“先生”が大好きで、その先生から、折り紙の折り方、絵の描き方、指人形の作り方、奴凧・竹とんぼ・竹馬の作り方、アートフラワーの作り方などなど、色んなことを教えてもらいました

若い女性の先生には、エレクトーンの弾き方や、ハーモニカの吹き方や、床の上でやる柔軟体操のやり方などを教えてもらいました

先生達が、忙しそうに見える時には、一人で、本棚にあった伝記を端っこから順番に読んでいました

そんな感じで、どの部屋にいても楽しい事がいっぱい詰まっていた児童館が、妙に懐かしく感じる今日この頃です

今、あんな風な素敵な施設は、街の中に存在するのでしょうか?☆
[PR]
by kaikou-law | 2010-06-01 18:30 | 日常
<< 青空の下 朝焼け >>