勉強

c0132608_17447.jpg今日は、外を歩きながら、あまりの陽射しの強さに、虫眼鏡で焼かれている気分になりました(^^;)

あんな風に綺麗な青空を見ると、なんだか気持ちがシャキっとして、気分が良くなるから不思議です

昨日は、仕事の後、青木先生と一緒に、毎月行われている判例研究会に行って来ました

その研究会では、判例時報に掲載されている最高裁判例を毎月3~4件ピックアップし、事案の概要や争点、問題となった法律の条文、判決の評価などについて、割り当てられた担当者が発表し、それに基づいてみんなで討論をしています

この研究会に初めて参加したのは、修習生の頃なので、この11年間の間に、本当にたくさんの最高裁判例が素材になってきました

最高裁で判断されている事案というのは、第一審、そして、控訴審(原審)の判断を経て、最後に結論を出されることとなった、“稀有な事案”ばかりです

大抵の事案は、第一審や控訴審で、結論が確定してしまうので、最高裁の狭き門をくぐり抜け、さらに判断が示される確率は、本当にわずかなのです

それゆえに、そこに至るまでに何が背景にあり、どんな理由が取り上げられ、どんなところに判断のポイントが置かれたのか?ということを推測し、意見を出し合う機会というのは、想像以上に、色んなことを学べる場になっているのかもしれません

毎月、参加する度に、得るものが沢山あるなぁ…と感じてしまいます☆

ちなみに、今回最大の収穫は、各都道府県毎に設置されている弁護士会が、ちゃんと、単位毎に登記されている…という事実を知ったことです

これからも、日々是勉強ですね!

皆様、素敵な週末(ないし三連休)を♪
[PR]
by kaikou-law | 2010-07-16 18:30 | 法律
<< 冷凍庫 六法全書 >>