停電

日曜日の夜、計画停電の予定と地域が詳細に発表されてから、電気が止まることの意味と、その影響について、切実に考えるようになりました

おそらく、日本中の誰もが、そして、東京電力管内に住む誰もが、同じようなことを考えられたのではないかなぁ…と想像中ですが…

通勤のためのバスや電車が運行されるかどうか?

翌月曜日から仕事が始まることになっていたので、まずはこれが最初の関心事でした

その後、出勤した後に、職場のPCのデータ関係に影響が出るかもしれないということに意識が及び、出勤後に改めて一斉バックアップを取りました

加湿空気清浄器や、暖房などを使うのを辞め、不要なコンセントを全て抜き、室内の電気は半分消灯したり…可能な限りの節電の工夫もしてみました

事務所に備え付けの"懐中電灯"がなく、電池の備蓄も不十分だったため、すぐに発注をかけましたが、かなり品薄になっていることがわかりました

続いて、携帯電話の充電器をつなぐことができなくなると思い、ソーラー充電器に充電をしてから、短時間で消費し易くなっていた携帯の電池パックを新しい物に交換に行きましたが、既に品切れとなっていて、急いで送ってもらうようお願いしたものの、電池パックの工場が宮城県にあるということで、いつ届くかわからないとのことでした

こういったことをひとつひとつすすめていくにつれ、電気というものに日常的にいかにお世話になり、頼っているのかということをしみじみ実感してきました

「足りない」と気付いた段階から、直ちに手に入らないものが徐々にわかってきましたが、これから、焦ることなく、必要な手間暇をかけて補っていきたいと思います


日本の全ての場所に一日も早く安定したライフラインが復旧しますように
[PR]
by kaikou-law | 2011-03-15 18:30 | 事務所
<< 横浜から 今週の業務について >>