胡蝶蘭

c0132608_17275476.jpg今日は、梅雨も小休止といったところで、晴れ間が覗いてくれました

どうやら明日は、かなり気温が高くなるそうで、そう思うだけで明日が楽しみになります

4年前の4月にこの事務所を開設した時、そして、その年の10月に河住先生が合流して来られた時、お祝いに本当に沢山の胡蝶蘭をいただきました

どの胡蝶蘭も、長いものは3週間以上も美しい花を咲かせ、みんなの目を楽しませてくれたのですが、いざ枯れてしまった後は、再び花を咲かせることは難しいと聞いていたこともあり、どうしたものかとみんなで思案していました

そんな時、青木先生のお父様が、お家に持ち帰って下さるとのことだったので、かなり沢山の鉢を持ち帰っていただいたのでした

すると、その後、その胡蝶蘭たちは、見事に再び花を咲かせたとの嬉しい報せが届いたのです☆

その花たちは、今年もまた美しく咲いたということで、昨日写真を見せていただいたのですが、本当に綺麗に咲き誇っていました

枯れた植物を再生するというのは、きっと手間暇のかかることだと思いますが、それを成し遂げられた時には、おそらく思っている以上の"歓び"という宝物を手に入れられるんだろうなぁ…

などと思ってしまった6月21日でした☆

クリックで救える命がある。
[PR]
by kaikou-law | 2011-06-21 18:30 | 日常
<< 真夏日 短い時間の中で >>