判例研究会のこと

c0132608_1275134.jpg昨夜、このブログでも度々書かせていただいている判例研究会が開催され、青木先生と一緒に参加して参りました☆

昨日のテーマは、会社更生法、破産法を中心としたものが3件、入学時の学納金返還に関する消費者契約法に関するものが1件でした

日々の業務の中で、六法やインターネットで確認する法律というのは、少ないと1つ、多くても10くらいで、個々の条文について、さほど掘り下げて考えることはありません

しかし、こういった勉強会だと、条文の定め方を見て、その法律や条文の立法趣旨を考え、現実に経験したことのある類似の手続きや裁判を参考にしながら、様々な意見が交わされてゆくので、さながら、受験時代に戻ったような気持ちになります

特に、司法修習生の皆さんが発表担当者であったりすると、基本的な思考方法に沿って説明して下さることが多く、自分自身も、意識を新たに事案と向き合えるような気がします☆

来月の判例研究会が終わると、その次は、いよいよ夏合宿

合宿発表担当者にとって、準備に余念のない夏がやってきます☆
[PR]
by kaikou-law | 2011-06-28 18:30 | 法律
<< 熱波 真夏日 >>