c0132608_18554763.jpg先日、独立前にいた事務所の先輩と青木先生と修習生と一緒に、お昼ご飯に鰻を食べる機会に恵まれました

私は、「何を置いても鰻が食べたい”」と思うほど鰻が好きなのですが…

今年は、シラスウナギ(稚魚)が極度の不漁で、過去にないほど大変な状況だそうです

東京の老舗の鰻屋さんも、色々と苦心されているようですが、この状況をなんとか乗り切ることができるよう、心から祈っています

ついさっきまで当たり前のように存在していたものが、不意にそうではなくなる…

そんなことが重なると、やはり、一瞬一瞬を大切に過ごしていかなくては!と思ってしまいますね☆

クリックで救える命がある。
[PR]
by kaikou-law | 2012-02-15 18:30 | 日常
<< 春の足音 空を見上げながら >>