物差し

c0132608_11352753.jpg

今週は、新規の法律相談が続きました

法律相談をする際、ご相談を受ける内容が、どの法律の何条何項何号を見ればよいのか?ということをお答えするだけで済むということは、実際のところ、ほとんどありません

日常生活の中で起きる問題というのは、法律では規制しきれない隙間に発生するものが多いからです

そして、ご相談にいらっしゃる方にとって、一番知りたいことがはっきりしている場合というのが多くはないからです

自分に限って言えば、「どうすればいいでしょうか?」…というご質問を受けるとき、特に慎重になります

ご相談者が意図しているのは、多くの場合、“どういう風に対処するのが一番良いのか?”という趣旨だからです

そして、この、“一番良い”という価値観が人によって大きく異なっていて、そこには色々な物差しがあり得るからです

例えば…
金銭的に最も高額な回収が期待できるかどうかという物差し、訴訟で勝てるかどうかという物差し、社会常識に適っていると評価されるかどうかという物差し、ご相談者自身にとって納得感があるかどうかという物差し、ご両親が納得してくれるかどうかという物差し、税務対策上メリットがあるかどうかという物差し…etc.

弁護士は法律家なのだから、法律的側面のご回答に終始するというのも一つの姿勢だと思いますが、それ以外の部分で、ご相談者の意図を正しく理解し、できるだけ求められていることに近い回答をしていく努力をするということは、とても大切な事柄なんだなぁ…と、そんなことを今週はしみじみ思いました

この週末は久しぶりにお天気が良さそうですね(*^^*)

皆様良い週末を!
[PR]
by kaikou-law | 2008-06-13 18:30 | 日常
<< 引っ越し キャパシティー >>