海外送金

c0132608_19142118.jpg

今日も人影がまばらで、とても静かな県庁付近でした

そんな午後、一件落着した案件があり、初めて海外送金手続きをしました

色々な情報を集めてみたところ、ゆうちょ銀行からだと手数料があまりかからないということがわかったので、さっそくヨーロッパのクライアントに送金した次第です

その準備過程で、クライアントが指定した銀行とその支店の情報をインターネットで確認したところ、ホームページに使用されている言語はフランス語とドイツ語とイタリア語…(^^;)

これほどまでに英語が普及したように思えても、英語表記をしない銀行もあるんだなぁ…と感心しつつ、一つ一つの略語や、銀行口座の表記の典型例を確認するのに四苦八苦することになってしまいました

いい勉強になりました


ただ、こんな風に海外の方のために仕事をする時、いつも思い出すのは、私が学生時代にロンドンで病気になった時のことです

宿泊先のマダムが本当に良くして下さり、知り合いお医者さんのところまで連れて行って下さったのですが、なぜか医療費はかからず、抗生物質も処方してもらうことができて、症状が悪化せずに済みました

どこの誰ともわからない学生に、よくぞあそこまで親切にして下さったなぁ…と思います

その記憶があるからか、言葉の壁に阻まれてしまいそうな立場にある外国人の方がいるのなら、その方の役に立ちたいと思うようになり、今日に至っています

これから、どれだけそのような機会に恵まれるかわかりませんが、できるだけのことをしていきたいと思っています
[PR]
by kaikou-law | 2008-08-12 18:30 | 業務
<< 一人旅の誘惑 ブログ一周年 >>