<   2008年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

夕焼

c0132608_11582681.jpg
夕方になり、強めの風が吹き抜け、目の前の雲をどんどん吹き飛ばしていくような気がしていたら、綺麗なグラデーションの夕焼に遭遇しました☆


黄金色の雲が、段々ピンク色に染まり、青の部分との境目がなんとも言えない色合いになりました


こんな風に美しい夕焼をゆっくり眺めることができたのは久しぶりです


色合いも雰囲気も、先日葉山で眺めた夕焼とはだいぶ違っていて、静謐な時の中で刻々と表情を変えていくその様子は、大切な人に伝えたくなるような、そんな夕焼でした



c0132608_11592127.jpg

この日、今年の冬から実務デビューされる修習生の皆さんに、刑事弁護に関する講義をさせていただいたのですが、大切だと思うことを伝えようと思って頑張り過ぎたのか、終わってみたら脳が酸欠状態になっていました(^^;)


そんなわけで、講義が終わった後、深呼吸をして、好きな音楽を思い浮かべ、ゆっくりと空を見てみたら、こんな景色が広がっていたのでした(*^^*)
[PR]
by kaikou-law | 2008-07-29 18:30 | 日常

コスモクロック21

c0132608_17525537.jpg
先日、久しぶりにコスモクロック21に乗りました☆

このところ、友人一家が夏休みの休暇のためにイギリスから来日中なので、元町~山下公園~みなとみらいの周辺を、ゆっくり散歩しながら案内した時です♪

近くに住んでいながら、みなとみらいのコスモワールドのことはほとんど知らなかったのですが、友人の11歳になる息子は、ここをどこよりも気に入ってくれたみたいで、それぞれの乗り物にはしゃいでくれました(^^)

私はというと、高速のコースターの類が怖いため、全く付き合ってあげることができず、下から見守ってあげるのが精一杯でしたが…
コスモクロック21だけは、乗ることができました!

この炎天下で観覧車に乗るのは不安でしたが、いざ乗ってみると、中に冷房がついてて意外と涼しく、ホッとしました☆

そして、コスモクロックのてっぺんから見下ろしたベイブリッジは、とても小さくて、地面は想像以上に遠くにあるように感じました

久しぶりに山下公園からのシーバスにも乗れたし、つかの間、ツーリスト気分を味わえた日になりました

…ただ、炎天下なのに外を長時間歩き回ってしまったので、少し熱中症っぽくなってしまったのが玉に瑕でした(^_^;)

真夏のお散歩は、気をつけないといけませんね♪
c0132608_17521198.jpg
[PR]
by kaikou-law | 2008-07-28 18:30 | 日常

花火

c0132608_11521773.jpg
梅雨が明けて暑い日が続いています。
先週末は横浜で花火大会が開催され,電車の中も駅も,自宅や事務所の周辺も,大勢の人でごった返し,お祭り独特の賑やかな雰囲気が街中に漂っていました。
いよいよ本格的な夏が来るんだな!と感じます。

花火は大好きです。
大きいものからこじんまりとしたものまで,様々な場所で夏の花火を見てきましたが,これまでで一番印象に残った花火といえば,南アルプスの山の上から見下ろした花火大会です。

学生のころ,父と父の友人たちと一緒に,故郷の山梨の鳳凰三山に登ったときのこと。
山小屋に泊まって3000メートル級の山を縦走するという,なかなか本格的な「登山」でした。
夜,山小屋近くの見晴らしの良い岩場に,お酒やおつまみを持ってみんなで集まり,甲府盆地の夜景を一望しつつ,満点の星空の下で贅沢なひとときを過ごしていたそのとき,盆地のあちこちで花火大会がはじまったのです。
私たちは花火よりも高い場所にいたので,花火を見下ろすかっこうになりました。
眼下に湖のように広がる夜景のあちらこちらから,浮き上がるように視界に近づいてきて,星空の中にはじける花火・・・。
盆地を囲む山々のしんとした静寂の中に,花火の音だけが遠く響きわたります。
なんとも神秘的な光景でした。

花火には不思議な魅力があるように思います。
毎年,そしてどこの花火大会でも,そんなに大きく内容が変わるわけではないのに,夏になると飽きることなく「花火がみたい!」と思ってしまいます。
今年も様々な場所で,様々な花火が,それぞれの夏の思い出を彩るんでしょうね。
皆さんにとって素敵な夏になりますように♪

河住
[PR]
by kaikou-law | 2008-07-25 12:00 | その他

葉山 partⅡ

c0132608_18235885.jpg
昨日に続いて葉山のお話をもう少し☆

初めて葉山を訪れたのは18歳の時でした

その時、車で葉山マリーナに行き、沈む夕日を見ながらみんなでご飯を食べたのですが、いつまでも夕日が沈んでいく様子を見ていられることに、なにかがこみ上げるような思いを抱きました

その日から、なぜか葉山に行きたくて行きたくて…

学生時代は、それこそ年柄年中、葉山に出かけていました(^_^;)

社会人になったら、入った会社のヨット部のヨットが葉山の港にあると知って、夏の照りつける太陽の下、ヨットに乗らせてもらった事があります

とてもいい想い出デス

その後、偶然見つけたお店や、友達に教えてもらったお店などが増え、15年ほど前に横浜に引っ越してからは、気軽に電車とバスで行けるようになったことを何より嬉しく思っています☆

不思議と懐かしい感じのする場所…
故郷ではないのにどこかふるさとのような雰囲気のある場所…

私にとっての葉山はそんな場所だったりします☆

誰しもきっとそんな場所があるんだろうなぁ(*^^*)
[PR]
by kaikou-law | 2008-07-23 18:30 | 日常

葉山

c0132608_18121178.jpg

三連休の最終日

「海の日」ということで、横須賀線に揺られながら葉山へ行ってきました☆

一色海岸周辺は、御用邸と公園があって、本当に静かでした

あの一帯は、駐車場確保が難しいので、のんびり電車とバスで来る人が多い気がします

昨日のビーチは、気温の高さが尋常ではなく、砂浜を歩くにもつま先立ちをしてコミカルな動き方になってしまうほどでした

そして、色とりどりのビーチボールや浮き輪、ジェットスキー、カヌーなどを眺めているうちに、とても遠い所に来たような錯覚に…

特に昨日は、逗子・横須賀が近いためか外国人の家族連れが沢山いて、金髪&巻き毛の小さな子供達がおっかなびっくり水遊びをする姿を見ていたら、ニースの海岸にいるような気分になってしまいました(^.^)

葉山では、水平線に向かって静かに夕日が沈んでいく様子を見ることができます

特に昨日の夕日は美しく、ビーチハウスから流れてくる音楽をBGMにしながら、久しぶりにゆっくりと海辺の午後を満喫しました

やっぱり葉山は大好きな場所です☆
[PR]
by kaikou-law | 2008-07-22 18:30 | 日常

野茂英雄

c0132608_18251010.jpg
小学校時代、お人形遊びにはあまり興味がなかったけれど、友達や兄達とよく野球をやっていたせいか、大人になっても割と野球を見る方でした

横浜ベイスターズの試合も、ちょくちょく横浜球場で見たものです

ラジオのナイター中継を聞いたり、テレビの野球中継を見たりすることもよくありました

そんな中、野茂英雄投手が出るメジャーリーグの中継は、割と沢山見たような気がします

最初に野茂投手がメジャーデビューした後、その活躍する姿を見たくてついついテレビを見ることが増え、あのデンバーでのノーヒット・ノーランを達成した試合も、偶然見ていました

雄弁でもなく、感情を表に出すことも多くない野茂投手が、ストレートに歓びを表したのを見て、なぜか涙腺がうるんだものです(;_;)

その後もう一度ノーヒット・ノーランを達成したことを知って、なんていう人なんだろう…と深く静かに尊敬の念を抱いてきました

今日は、その野茂投手が、現役引退を決意したというニュースが流れ、なんとも言えない寂寥感を感じる一日になりました

数多くの感動を与えてくれた野茂選手にお疲れ様と言いたいです☆

皆様、素敵な週末ないし三連休を♪
[PR]
by kaikou-law | 2008-07-18 18:30 | 日常

自転車で

c0132608_14115317.jpg
この週末、久しぶりに愛車(※といっても自転車ですが)で少しばかり走りました☆

往復25km程度の距離でしたが、32℃の高温多湿の中のサイクリングは、身体中の水分を全部汗にしてしまうほど暑かったです(^^;

普段の3倍ぐらいポカリスエットを飲みました☆

私の自転車は、ロードレーサーなのでタイヤがとても細く、タイヤに空気を入れすぎると道路の凹みをダイレクトに拾ってしまいます

ですから、どこまで空気を入れるかにいつも苦心しています☆

前回乗った時から、ずいぶん時間を置いてしまったので、走り出す時にはとても慎重になりました

しかし、徐々にギアを重くしていって、時速30㎞ぐらいになると(※自転車の前輪に付けてあるコンピューターで時速と走行距離を測れます)、心地よい風が体を吹き抜けていくような気分になり、いつもの爽快感を思い出しました♪

神奈川警察付近からみなとみらいを抜けていくまでの間、左に真っ青な海を見ながら駆け抜けられる橋があるのですが、あそこからの眺めが目下一番気に入っています

そして、馬車道~日本大通りを抜けて、中華街と山下公園の間を抜け、元町の川沿いから麦田のトンネル~本牧通りをずっと直進…

行きしなにうっすら覗いていた太陽の明るさは、帰路では揺れるネオンの灯りに変わっていて、海沿いの船や大桟橋の灯りを見ると、「あぁ。ここは横浜なんだなぁ。」なんてことを改めて思いました

真夏の暑さにめげずに身体を動かして、本当に良かったなぁ…と思う一日でした(*^^*)
[PR]
by kaikou-law | 2008-07-14 18:30 | 日常

終結

c0132608_14243060.jpg

日々の業務の中で、法律相談やご紹介など、様々なきっかけで事件のご依頼を受けています

そんな中、お引き受けしてから完全に終結するまでの期間というのは、それぞれの案件によってまちまちだったりします

目下、私がお引き受けした事件の中で一番長く時間がかかっているものは、約3年半という年月を経ていますが、過去には、お引き受けして3週間で終結したものもありました

それぞれの案件の内容や当事者のご関係など、様々な要素によって、事件が辿る“道”もそれぞれ異っています

例えば、民事事件に分類されるものでも、最初に法律相談を受けてからすぐに訴訟を提起するということは滅多にありません

まず、よくお話を伺って、資料を拝見しながら状況を把握し、最終的に解決できそうなのかどうか、解決するとすればそれは訴訟によってなのか調停によってなのか…といった大まかな見通しを立て、それから正式に委任契約を締結することになります

しかし、この見通しを立てるということが、実務に出たばかりの頃には本当に難しいことだったような気がします

それは、今でもまだ決して容易なことではなく、こればかりは経験を重ねていくしかないと思っていますが…

そして、登記を確認したり、戸籍を確認したり、現場を確認したり、関係者から事情を聞かせていただいたり…etc.
色々な下準備をして、どこまで証拠を集められるかによって、その先のやり方を変える必要が出てくる場合もあります

そんな下準備に苦労した事件や、訴訟提起してから書類作成に苦労した事件など、お引き受けした事件が終結を迎える時、それまでの苦労が走馬燈のように蘇ってきます(^^;

そんな風にして今日は、とある事件が終結を迎え、色々なことを思い返す金曜日になりました

皆様、素敵な週末を☆
[PR]
by kaikou-law | 2008-07-11 18:30 | 業務

ホームシアター

休日も仕事が終わった後も,家でゆっくりくつろぐことが多い今日この頃です。

というのも,ここ数年,自宅リビングを映画館みたいにしたくて,少しずつホームシアターセットを集めていたのですが,それがようやく理想形に完成しつつあるのです。
80インチのスクリーン,プロジェクター,5.1chスピーカー,HVチューナーなどを配置したら,
おうちが本当に映画館みたいになってきました!
80インチの大画面って,2m×1mぐらいあります。大きいです・・・。

映画もスポーツもライブも,大画面で見ると圧倒的な迫力と臨場感。
大画面が我が家に導入されてからというもの,全然映画館に行かなくなってしまったし,それまであまりテレビ観戦はしなかったスポーツ中継も結構見るようになりました。

でも,最近一番楽しんでいるのは,旅番組や世界の絶景を放映する番組です。
世界の街角や車窓,美しい大自然などを大きな画像で見ていると,なんだか本当に自分がその景色の中にいて,ともに旅をしているような気分になってきます。
擬似的な旅行体験ではありますが,仕事で疲れた脳に非日常の心地よい刺激を与えられて,良い気分転換になっているように思います。

それだけ,今の技術で再現できる映像や音は,リアルで美しいということでもあるんですよね。
そのうち,映像が3Dになったり,匂いとか風まで再現できたりするような時代がくるのかもしれませんよね。
楽しみです♪

河住

c0132608_12302384.jpg

[PR]
by kaikou-law | 2008-07-10 14:15 | 趣味

念には念を入れ

c0132608_19364756.jpg

本日は、相続の手続きのため、金融機関に行くだけでほとんど一日が終わってしまいました

金融機関は、もともと、注意深く契約締結や契約解除をする場所だったと思うのですが、このところ、預金の過誤払いや、マネーロンダリングや、色々大きな問題が起きて、様々な条件が厳しく科せられるようになってきたような気がします

最近、私が特定の仕事用に新規に口座を開設しようとしたところ、窓口で、何の目的でどのような使途のお金を出し入れするのかなど細かい質問を受けました

そして、最終的に、口座開設用の申込書に口頭で答えたことを改めて書かされ、本部の審査を通って開設許可が出るまで最低一週間ぐらいかかります…と言われてしまい、あまりに手間暇がかかりすぎるので、業務上の理由からその金融機関での口座開設を断念した…という出来事がありました

後々問題が起こらないようにするために、あらかじめチェックを厳しくしておくというのは、リスクヘッジの観点からは当然のことだと思うし、大切なことだと思います

でも、そのせいで、こちら側の業務に支障が出たり不便な思いをしたりしてストレスを感じなければならないというのは、なんだか納得いかないなぁ…と思います

念には念を入れ…というスタンスも大切ですが、それは、適度なものであって欲しいとついつい願ってしまう今日この頃☆

そこにはたぶん、自分を信頼して欲しい…という無意識の欲求があるんだろうなぁ…なんていうことを今日は思いました

またまたとりとめのないひとりごとでした♪
[PR]
by kaikou-law | 2008-07-08 18:30 | 業務