<   2009年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

不動産登記研修

c0132608_2262666.jpg今日は、昨年12月に新規に弁護士登録をした新人弁護士の方々(61期)向けの研修会がありました

今回のテーマは「不動産登記」です

平成20年7月までの間に、全国の地方法務局の登記業務がオンライン化されたのですが、その関係での不動産登記法改正の意義や、実務における問題点など、今日の研修内容は、基礎的なことから高度な内容まで幅広く網羅されたものだったような気がしました

私は、“研修委員会”なる委員会に所属していて、今日の研修会のお手伝いをしていただけなのですが、講義の間ずっと会場に座り、新規登録弁護士の皆さんと一緒に初心に返って講義を聴かせていただき、改めて勉強になったなぁと思っています

ふと気付けば2時間30分に及ぶ講義もあっという間に終了時間となり、本当に盛りだくさんな情報量でしたが、実務に直結する勉強が基礎からできるというのはありがたいことだと痛感しました☆

日々是精進ですね♪
[PR]
by kaikou-law | 2009-01-29 18:30 | 業務

辞書

c0132608_20204337.jpg午後、みなとみらい方面での法律相談が終わった後、帰り道にランドマークタワーの有隣堂に寄ってみました

ここの有隣堂は、書籍の量がとても豊富で、綺麗な文房具類も色々と揃っているので、ときどき様子を見に寄っています☆

そして、ふと、先日同期の友人に紹介された、フランス語と英語の豊富な語彙が掲載されている、Bilingual Visual Dictionary (French/English) があったら買っておこうと思い立ったのですが、ラッキーなことに、すぐ購入することができました

この本は、身の回りの様々な物事について、各々写真が掲載されていて、その脇に英語とフランス語(冠詞つき)が並んで表記されているのです

そのため、ビジュアル的に単語を覚えるのにとても良いのではないかと思った次第です

同じシリーズに、英語とイタリア語、英語とスペイン語、英語と中国語などもあり、興味のある言葉(単語)を英語とセットで楽しく勉強してみたい方にお勧めです☆

それにしても、本屋さんというのは、本当に楽しい場所ですね♪
[PR]
by kaikou-law | 2009-01-28 18:30 | 日常

想像力


c0132608_20152844.jpg昔、とある人生の先輩に、「生きていく上で大切だと思う能力って何ですか?」という趣旨の質問をしたことがあります

返ってきた答えは、“想像力”でした

その人曰く、
「想像力があれば、他人の気持ちや立場を思いやることができるし、仕事においてもこの先何が起きそうかということを想定することができるし、自分が何を思い何を考えるかさえも思い描くことができるはず」
とのことで、それらのことができるということは、たいがいのことと上手に向き合えることにつながるとのことでした

それ以来、“想像力”はどうやって養われるのかということを日々模索するようになったのですが、個人的に、それは直接体験と間接体験からなのではないかと思うようになりました

自分が直接経験することというのは、感情や五感を伴って、自分の内側に深く染み込んでゆく気がしますし、人から聞く話や本や映画の物語などを通じて間接的に経験することもまた、他人事ながらも、時には忘れられない記憶となってゆく気がするからです

そんな風に思うと、一人が経験できることには“限り”があるから、より多くの人と向き合う中で色々なことを間接体験していけたら、より豊かな人生になっていくのではないかなぁ?なんていう風にも思えてくるわけです(^^)

いまいち言葉が整理できておりませんが…つれづれに思うことを書いてしまいました

早く暖かくなるといいですね☆
クリックで救える命がある。
[PR]
by kaikou-law | 2009-01-27 18:30 | 日常

一歩一歩

c0132608_18203471.jpg
今週は、細切れに東京での裁判期日が入っていたりして、なかなか事務所で落ち着いて仕事をすることができませんでした

しかし、今日は、夕方からようやく腰を据えて色々なことに取り組めています

細かく分析していくと、日々の業務はあまりに多岐にわたっていて、一つ一つの事柄をおろそかにしないようにするためには、かなりの集中力が必要なようです

例えば、送られてきたFAXに目を通し、内容を正しく読み取り、中味についてどう対応するのか考え、その先のステップに踏み出す…

あるいは、送られてきた訴訟の準備書面に目を通し、次の期日に裁判所で対峙した相手方からどのような説明を引き出すのかを考え、メモを取る…

…そんなようなことを、多い時には一日で10件以上処理しなければなりません

地に足の着いた状態で、一歩一歩、丁寧に仕事をしていくことがいかに大切かということを、しみじみ思う金曜日となりました

とにもかくにも苦手な雨が上がってホッとしました♪

皆様素敵な週末を!
[PR]
by kaikou-law | 2009-01-23 18:30 | 業務

昔の物

c0132608_22482297.jpg最近、実家において、次々と昔の物を発見いたしました

それは、束の間タイムマシーンに乗って過去にワープした気分にさせてくれる出来事です

1960年代の雑誌類、1970年の大阪万国博覧会の入場券、1972年の都電廃止の時の記念乗車券、1980年代の映画のプログラムや演劇の公演パンフレットなどなど

こんなにたくさんのものがこんなに綺麗に保存されていたのかぁ?…とひとしきり感心しています

中でも一番嬉しかった発見は、イタリアの映画監督ルキノ・ヴィスコンティのフィルム写真集が出てきたことです☆

何年か家の中を探していたのですが、ようやく発見した次第です

だいたいこういうものは母が保存係なわけですが、紙に印刷されたものを綺麗に保存するのは結構難しいのではないかと思います

古い物を大切にするということっていいことだなぁ…とシンプルにそう思う今日この頃です♪
[PR]
by kaikou-law | 2009-01-21 18:30 | 日常

加湿器2

c0132608_15571040.jpg
当事務所では、昨年10月の終わりころから加湿器を2台導入したのですが…

扁桃腺が弱い私にとって、“冬の乾燥”は、喉痛から風邪をひく原因になることも多く、懸案事項だったのです

しかし、加湿器を導入してからというもの、おかげさまで喉が痛くなることがなくなりました(o^^o)

幾つかある観葉植物たちも、湿度のある環境がなかなか快適なようで、葉っぱも心なしかイキイキしているように見えます

先日のニュースからも、インフルエンザの流行を防ぐためにある程度湿度を保つことが大切…ということがわかりましたが、冬が終わるまでしばらくの間、この加湿器の恩恵をたくさん受けて過ごすことになりそうです☆

クリックで救える命がある。
[PR]
by kaikou-law | 2009-01-20 18:30 | 日常

学校へ

c0132608_18381889.jpg
朝8時30分に英会話の学校に行ってから出勤しました

最近寒いせいか、この時間帯のクラスを取る人はめっきり少なくなった気がします

もともとものぐさな私にとって、朝の早い時間に学校に行くのは、結構しんどいことなんではないかと以前は思っていました

しかし、週に最低1回はこの時間帯に学校に行くようになって、かれこれ3年近くになります(^^;)

なぜこんなに続いているのか考えてみたのですが、それはやはり、レッスンが面白いからだったりします

人に物を教える仕事というのはとても難しくて奥が深いものだと思うのですが、今の先生は、いとも簡単に私をレッスンに専念させる術を持っているように見えてしまいます

でも、きっと、レッスンの始まる前に十分な下準備をされているのでしょう☆

レッスンを始める際のウォーミングアップの時、いつもテキストの中味を見ないで様々な例文をちりばめた会話をして下さるのですが、それは実はその日にやるべき箇所の予習になっていたりするのです

どのような仕事であっても、目の前にある課題のために自分を費やし心を砕くことって素晴らしいことだなぁ…と、じんわり思う金曜日です

素敵な週末を♪
[PR]
by kaikou-law | 2009-01-16 18:30 | 日常

700メートルダッシュ

c0132608_18505596.jpg本日は、午前中9時から12時まで、法律相談を担当することになっていました

私が普段降りる駅の改札口から法律相談の会場まで約700メートル

…それなのに、駅の改札に着いたのは午前8時52分

午前9時までに会場に滑り込んで相談室の机に座った状態になるためには、この700メートルを全力ダッシュするしかない時間でした(^^;)

体力には自信があるのですが、さすがにこの距離をダッシュするには長いコートや鞄が重すぎて、「大ピンチ!」と焦ったのですが、迷ってるヒマはありません

高校時代のバスケ部の部活を思い出しながら、とにかく必死で走り続け、法律相談室の机に座ったのが午前8時59分

本当にギリギリセーフで間に合って良かったです(∋_∈)

今日は、久しぶりに身体を動かしたお陰でかなり快適に一日を過ごせました

この頃電車が遅れることが増えているので、明日からは10分早めに家を出るよう心がけようと思った次第です☆
[PR]
by kaikou-law | 2009-01-15 18:30 | 日常

c0132608_18291530.jpg
“絵”は、見るのも描くのも好きな方です

幼少期には、クレヨンや水彩でかなり沢山の絵を描いていたのを覚えています

ただ、母が頻繁に美術館に連れて行ってくれたため、美術館で“すごい絵”を見る度に衝撃を受けたお陰で、段々と気楽に絵を描くことができなくなりました

例えば、イギリスのロマン主義画家=ウィリアム・ターナーの絵画展を見に行った時、海や船や空の様々な色合いから生まれる豊かな表現に魅せられるとともに、なんて迫力だろう?とショックを受けて、以後、海の絵を描くことが難しくなってしまいました(^^;

もしかしたら、子供なりに自由にのびのび描けば良かったのかもしれませんが、リアルで迫力のある海でなければ、それはもう海とは言えないような気がしたのだと思います

そして、大人になって、イギリスの南部にあるブライトンという港街を訪れた時、目の前に広がる海と船と空の織りなす景色が、まさにターナーの描いた絵そのものに見えて、彼が、あのようないきいきとした心に残る瞬間を一枚の絵に表現していたことに、改めて感嘆してしまいました

昨年は、LAのゲッティ・センター、宇都宮美術館、沖縄県立美術館、サントリー美術館ぐらいしか行くことができなかったのですが、今年は、もう少し沢山の美術館に行ってみようと思っています

クリックで救える命がある。
[PR]
by kaikou-law | 2009-01-14 18:30 | 趣味

中学生時代

c0132608_1932121.jpg
ここ3年ほど、中学時代の同窓会が行われるようになっています

そんな中、最近、私たちの母校が生まれ変わるために解体されたこともあって、この週末に同窓会が開催されました☆

今回は、社会科の先生を招いて開催されたのですが、先生は全然お変わりなくて、あの頃と同じ穏やかな微笑みをたたえていらっしゃいました

私たちの在校していた頃のことから、その後、別の学校へ赴任されてから現在に至ることまで色々お話を伺うことができたのですが、そのお話を通じて、中学生だった頃が、いかに平和でのんびりしていたかということを実感してしまいました

塾に通っていた人もさほど多くはなく、好きなことや部活に専念できる環境が整っていて、学校での出来事それ自体にみんなが一生懸命だったからです

そんな時代と比べてみると、今の中学生は、小学生の頃から塾に通うことも多く、学校生活以外にも塾やお稽古事での人間関係があり、携帯電話やパソコンを使いこなして多角的に社会に属しているのではないか…という印象です

ですから、もしかしたら、今の中学生は、忙しすぎて学校の中で思い出を作ることは難しくなっているかもしれませんね

そういえば、今回の同窓会の直前、実家で色々と片付けをしていたら、卒業生が卒業に際して一行ずつのコメントと、各クラスの先生のことを書いた文集のようなものが出てきました

みんなが書いた一言一言が、鮮明に当時のことを思い出させてくれたり、今の姿を彷彿とさせてくれたりするので、「思いがけず嬉しい発見をしたなぁ」と喜んでいます(^^)
[PR]
by kaikou-law | 2009-01-13 18:30 | 日常