タグ:音楽 ( 11 ) タグの人気記事

トゥーツ・シールマンス@すみだトリフォニーホール

c0132608_17434955.jpg先日、仲良しの友人ご夫妻に誘っていただき、すみだトリフォニーホールで行われた、トゥーツ・シールマンスというジャズ・ハーモニカ奏者のコンサートに足を運んで参りました

それまで、彼の名前すら聞いたことがなかった私ですが、いつものごとく、事前に聞き込んだり知識をつけたりといったことをほとんどせず、素のままの状態で臨んでみました

なぜなら、音楽を生で聴くときには、"初めての出逢い"というものが、心の一番奥底に響く…と経験則上感じているからです(^^;

今回も、案の定、その"素のまま"であったことが良かったのだと思いますが、とにかく、ぐっと心の中に深く響いてくるハーモニカの音色と、彼の、89歳という年齢を忘れさせるような独特の間合いや身体全体の動きに、すっかり魅了されました

あの音色…果たしてどこから出てきているのだろう…

ハーモニカというよりもアコーディオンのようであり人の声のようであり、この世にこれまでなかった音のようであり…

演目の中にあった、「枯葉」にせよ、「虹の彼方に」にせよ、これまで聴いてきたどの演奏とも全然違っていました

そして、個人的な私の趣味からすると、「What a wonderful world」が秀逸だった気がします☆

こんな素敵な機会を与えて下さった友人ご夫妻には感謝感謝です♪

ちなみに、コンサートの宣伝広告には、"音楽界の人間国宝"と書かれていました

最初目にしたときは、違和感はなかったのですが、後から、「おや?」なんて思ってしまいました(^^;;

日本語って面白いですね☆

今日が終われば今週はあと2日ですね

頑張って働きたいと思います!
[PR]
by kaikou-law | 2011-10-12 18:30 | 趣味

クレイジー・ケンバンド

c0132608_2374661.jpg本日、クレイジー・ケンバンドのCD2セットとDVDが同時発売され、さっそく手元に届きました☆



CDは、 「Single Collection / P-VINE YEARS」(2枚組)と、 「町田録音シリーズ-ZERO/Girls!Girls!Girls!/MINT CONDITION-」(3枚組)、DVDは、 「MINT CONDITION 2010」(2枚組)です

ボリュームがかなりあるため、同時購入するべきかを少し迷っていたのですが、やはり、思い切って購入して良かったと思います(^^;)

なぜなら、これを全部購入したお陰で、【自動掃除機ルンバ537】プレゼント企画に応募することができることになったからです♪

当選者わずか10名…という狭き門ですが、(当たりますように!)と念じて、明日さっそく応募したいと思います☆

c0132608_23212315.jpg
[PR]
by kaikou-law | 2011-02-23 18:30 | 日常

Mint Condition

c0132608_10255217.jpgとうとう8月も最終日を迎えてしまいました

連日、朝の天気予報で、「最高気温34℃」という文字を見ておりますが、かつて、こんなに暑い日が続く夏はあったのでしょうか?

夏と言えば、毎年、8月頃には、CKB(クレイジー・ケンバンド)の新しいアルバムが発売されるので、それを心待ちにするわけですが…

今年のアルバム"Mint Condition"も、期待していた以上にカッコイイ楽曲が詰め込まれていました

私の手元に来てから3週間…

そろそろ全部通して10回以上聴いたと思いますが、一つ一つ聴きながら、色んな場面が映像のように広がってきます

かつて五感で感じたものがあちこちで思い起こされます

こんな風に、imagination をかきたてられるアルバムにはそうそう出会えないはずなのですが、毎年、同じ想いを抱きつつ夏を過ごすことになるので、心底感心してしまいます(^^;)

ツアーが始まるまでに、あと10回は聴きたいなぁ♪
[PR]
by kaikou-law | 2010-08-31 18:30 | 日常

薩摩琵琶

c0132608_1993810.jpg先日、鎌倉にて、お昼ご飯を食べながら、卒業大学の同窓会湘南支部の集まりがありました

鎌倉は、まさに今が紫陽花の見頃ですから、行きしなの江ノ電は、溢れるほど人が乗っていました

天気予報では、なんとなくスッキリしなさそうな感じだったのに、蓋を開けてみたら太陽がギラギラしていたので、余計に人出が増えたかもしれません(^^;)

自分としては、(卒業してかなり時間が経ったなぁ)…などと感慨深く思っている訳ですが、この日にいらしていたメンバーの中には1949年ご卒業の大先輩がいて、私が、まさかの参加者最年少(!)でしたから、もうビックリです☆

とはいえ、女性が社会進出することが難しかった時代から、沢山の先輩達が社会で活躍して来られて、今日の私たちがあるのだなぁ…と思うと、やはり、とても感慨深いものがありました

お昼ご飯の後、坂田美子さんという琵琶奏者が祇園精舎など平家物語の一部を弾じて下さったのですが、間近で初めて耳にした薩摩琵琶の音色は、とても心の奥深くに響いてきました

鎌倉 ~ 紫陽花 ~ 薩摩琵琶 ~ 平家物語 ~

何とも風情のある休日になりました(o^^o)
[PR]
by kaikou-law | 2010-06-23 18:30 | 日常

横浜公園

c0132608_17583629.jpg今年も、横浜公園には、色とりどりのチューリップが植えられています

毎年、この時期が楽しみになっていますが、ピンクにせよ黄色にせよ、本当に色鮮やかだなぁ…と、久々の太陽の木漏れ日を心地よく感じながら、しばし眺めてしまいました

今年は、ショパン生誕200年ということで、色々なところでショパンの演目によるコンサートが開かれています

そして、様々なショパンにまつわるCDも発売されていて、普段、CD購入に利用しているアマゾンからは、頻繁に新譜のレコメンド・メールが届きます

そんな中、この週末は、アルトゥール・ルビンシュタイン、アルタ・マルゲリッチ、エフゲニー・キーシン、サンソン・フランソワのアルバムで、じっくりとみんなの弾くショパンを聴き比べてみましたが、どのピアニストの演奏も、それぞれに個性があって、音の響きも素敵で感心してしまいました☆

中でも一番好きなのは、フランソワで、あんな風に繊細で、華麗で、気品のある音を奏でられたらどんなにいいだろう…?と思い、久々に長時間ピアノに向かってしまいました(^^;

まだまだこれから年末にかけて、ショパンにまつわる様々なコンサートが企画されているようで、益々楽しみです♪
[PR]
by kaikou-law | 2010-04-19 18:30 | 趣味

春の青空

c0132608_1549479.jpg今日は、久しぶりに横浜の空が蒼く晴れ渡りました

こういう日は、何度も空を見上げてしまいます

先日、毎年お願いしているピアノの調律師さんに来ていただいて、調律をしてもらいました

我が家のピアノは、昭和38年生まれなので、今年で"47歳"になるのですが、今尚、とても綺麗な音色を響かせてくれます

調律した後、1年の間に少しずつ音がズレていっていたようですが、弾いている自分にとって、そのわずかな変化はなかなかわかりません

それなのに、いざ調律を終えた直後に弾いてみると、驚くほど軽やかで心地よい音色が部屋に響きわたります

(やはり、その分だけ、音にズレが生じていたということなんだなぁ)

…と、毎年毎年、同じところに感心してしまいます(o^^o)

今年は、去年よりも頻繁にピアノを弾こう!…と小さな決意をする3月でした☆

クリックで救える命がある。
[PR]
by kaikou-law | 2010-03-30 18:30 | 日常

音楽力

c0132608_1843321.jpgc0132608_1845970.jpg

















先日、友人達と、クラブチッタ川崎というところに行って来ました☆

そこで、CKB(クレイジーケンバンド)のライブが行われたからです

クラブチッタ川崎では、いつもスタンディングでライブを聴くことになるのですが、仕事の後駆けつけると、だいたい後方の壁の辺りに居場所を確保することになります

でも今回は、早めに行ってくれていた友人達のお陰で、前から2番目というやや気恥ずかしいほどの“かぶりつき”の場所が確保されました☆

そして、神奈川県内でのライブゆえか、京浜工業地帯や横須賀や本牧や長者町を歌った曲が沢山演奏され、初期の頃からの特に気に入っている曲も織り交ぜられていたので、“とにかく嬉しくて仕方ない”といった感じのライブでした♪

全ての演奏が終わって、会場を後にする時も、自分がとてつもなく元気になってニコニコしているのがわかり、(音楽のチカラって凄いなぁ…)としみじみ思ってしまいました

音楽に励まされ音楽に泣かされ…

沢山の想い出も音楽とともに思い起こされ…

日々の中にいつも音楽が寄り添ってくれていることが、心からありがたく思う夜でした☆

No Music No Life ☆☆
[PR]
by kaikou-law | 2009-06-22 18:30 | 日常

一年ぶりのサントリーホール

c0132608_16554317.jpg早いもので2月も今日で最後

2月は普段の月よりも短いため、本当に早く終わった気がしますが、もう一年の6分の1が終了したことになるんですね(^^;

そんな飛ぶような日々の中、先日、一年ぶり二度目のサントリーホールを訪れる機会に恵まれました☆

その日の演目は、ケルンWDR交響楽団(セミヨン・ビシュコフ指揮)による、シューマン(マンフレッド序曲)、ベートーヴェン(ヴァイオリン協奏曲二長調)、ブラームス(交響曲第4番ホ短調)でした

昔、オーケストラの演奏を間近で聴くと、沢山の音が一気に耳に飛び込んできてしまい、頭の中が混乱することが多かったため、なんとなくオーケストラのコンサートを敬遠していました

なぜなら、音楽を聴くと、それらが、頭の中でドレミファソラシドのいずれかの音符に次々書き換えられていくというクセがついていたからです

そのクセのせいで、オーケストラの演奏のように沢山の楽器が鳴り出すと、頭の中が山のような音符で溢れてしまってえらいことになっていました(^^;;

そんな混乱も、大人になって徐々に落ち着いてきて、最近は、ひとつのまとまりとして音楽を感じることができるようになり、昨年の今頃にあったサントリーホールでのコンサートも、今回のコンサートも、ゆったり堪能することができました☆

演奏が始まると、音楽の波の中に少しずつ身をゆだねていきながら段々気持ちが高揚し、(なんて綺麗なメロディーなんだろう)(なんでこんな風に音を奏でられるんだろう)…などといった色々なことを思い、感じて、音楽以外のことが目や耳に入らなくなっていきました

そして、最後の方では、まるで自分がオーケストラの中に組み込まれたかのような“音楽との一体感”を感じていました

こうして、素晴らしい演奏を余すところなく聴いて、音楽の素晴らしさをしみじみ思い、(またコンサートに行こう!)と小さな決意をした次第です☆
[PR]
by kaikou-law | 2009-02-28 18:30 | 趣味

音楽

c0132608_1615121.jpg
音楽は、小さい頃からいつも傍にありました

幅広いジャンルの音楽を聴いていた親のお陰か、自分もまた、こだわりなく幅広いジャンルの音楽を聴いてみるクセがつきました

小さい頃、自宅でよく聴いたのは、ルイ・アームストロング(サッチモ)のトランペットや歌声、アルゼンチン・タンゴの軽快な音、ツィゴイネルワイゼンの情緒溢れるバイオリンの音色、サンソン・フランソワが弾くショパンのピアノ曲、シャンソンやロシア民謡…etc.

無意識のうちに、そういった子供時代に染み込んだ音楽達が脳内リミックスされて、自分の今好きな音楽の中にはその音のカケラが塗り込められているような気がします

目下のヘビーローテーションは、今年の8月13日に発売されたクレイジー・ケン・バンドのアルバム「ZERO」

聴けば聴くほど、その子供の頃にすり込まれた音楽達の中に散りばめられていた懐かしいような、心の奥までぐっとくるような音が溢れてくる…そんな印象を持つ素敵なアルバムです

そんな音楽に元気や勇気や慰みをもらいながら、日々が過ぎてゆくのだなぁ…と、そんなことを真っ青な空を見ながら思った一日でした♪

No music No life !!(*^^*)
[PR]
by kaikou-law | 2008-09-09 18:30 | 趣味

オーケストラ

c0132608_18232959.jpg
先日、サントリーホールに行って来ました☆

友人の友人がメンバーの一人になっているオーケストラの公演があったので、生まれて初めてそこに足を踏み入れることができました

生で一度聞いてみたかったブラームスの交響曲第一番が演目に入っていたので、どんな演奏なんだろう?と聞く前からワクワクしていたのですが、いざ始まってみると、今までCDなどで聞いてきたどの演奏とも違う感じがしました

ドラマティックでメリハリがあって、それでいて、繊細な部分はとても繊細で…

時が経つにつれてそのドラマティックな展開が、こちらの心を高揚させるのがわかりました

全ての楽器に目をくばり、音に耳を澄ませ、指揮者の躍動感を感じながら、時の経つのを忘れて最後まで聴いてしまいました☆

音楽って素晴らしい…改めてそう思えた素敵な体験でした♪
[PR]
by kaikou-law | 2008-02-27 18:30 | 趣味