タグ:読書 ( 6 ) タグの人気記事

我妻栄

c0132608_18182511.jpg今日の横浜は、34℃くらいになったのではないでしょうか?

本当に暑くて、青空と照りつける太陽から、夏らしい夏を存分に感じる一日となりました

半月ほど前のことになりますが、青木先生と一緒に、司法修習生と夜ご飯を食べる機会に恵まれました☆

その時、思いがけず我妻栄(民法学者)の話題になりました

自分にとり、我妻栄の「民法案内」という著書と出会えたことが法曹界を志す大きなきっかけになったので、いつまでたっても、その名前というのは特別な響きに聞こえるのですが…(^^;)

そんな会話の中で、司法修習生から、同じく我妻栄の著書である「法律における理窟と人情」を紹介されました

「民法案内」に負けず劣らず面白い本だと聞いて、すぐに読みたくなり、2日後にさっそくその本を購入してみたのですが、それは期待以上に面白い本でした☆

その中に、「旧民法では、男は三〇、女は二五になるまでは、親の同意がなければ結婚ができなかったのです」というくだりがあったのですが、これが100年ちょっと前の事だと思うと、とても不思議な感じがしてしまいました

その頃(明治時代)の日本人の平均寿命が、男性42歳、女性44歳とされていることを思うと、(人生の4分の3生きてからでなければ親の同意なくして結婚ができなかったのか!?)と驚いてしまった訳です

そんなことをはじめとして、昭和30年に出版されたこの本には、驚くようなことも沢山書かれているのですが、それ以上に、今も尚有用と思われる、法的安定性と具体的妥当性に関連する示唆に富んだ記述の数々に考えさせられることも多く、久しぶりに、充足感をもって本を読み終えた気がします☆

機会があれば、是非一読してみて下さい
[PR]
by kaikou-law | 2009-08-13 18:30 | 法律

動物園

c0132608_1754251.jpgふと気付けば、かなり長いこと動物園に行っていません☆

一昨年の夏休み、飯田(長野県)の市立動物園に行って以来です

この飯田市立動物園は、こぢんまりとしていますが、入園無料で、すぐ傍で動物たちを見ることができるところが気に入っています

動物たちとの距離が近いので、傍で飽きずにずっと眺めていることができます
周囲に緑も多く、山も近いので、“柵”がないかのような錯覚に陥りつつ…

そんな中、一番長く眺めていたのが、“エミュー”というダチョウの一種です

悠然としていて、可愛い目をしたエミューを見ていたら、子供の頃大好きだった絵本を思い出しました

「かたあしだちょうのエルフ」という絵本です

それは、読むと泣いてしまうのに、なぜか繰り返し読んでしまうような作品でした

もし機会があったら是非読んでみて下さい☆
クリックで救える命がある。
[PR]
by kaikou-law | 2009-03-10 18:30 | 日常

おくりびと

c0132608_18455235.jpg今日は、第81回アカデミー賞で、滝田洋二郎監督の「おくりびと」が外国語映画賞を獲得したというニュースが流れました

私はまだこの映画を見たことがないのですが、ずっと気になっていました

それは、今から3年ちょっと前に、人の死に向き合うことの意味を考える時期があり、青木新門氏の著書『納棺夫日記』という本を読んだことがあったためです

あの時、この本を選んだのは全くの偶然でしたが、読んだ後に、自分の内側に、静かな「覚悟」とでも言うような不思議な感覚が生まれたことを思い出します

そして昨年、「おくりびと」についてのインタビューで、主演の本木雅弘さんが、この「納棺夫日記」に言及されていたのを読んだ時、彼が、何を感じ何を思って演じたのだろうか…そして、いわば直接体験に基づくあの本がどんな風に映画のストーリーに昇華したのだろうか…と、色々思いを巡らせたような気がします

そんな中、この映画は様々な映画賞を獲得し、とうとうアカデミー賞までも獲得したんだなぁと思うと、感慨深い思いがします

近いうちに見ることができるといいなぁ☆
[PR]
by kaikou-law | 2009-02-23 18:30 | 日常

千葉へ

c0132608_17195742.jpg
本日は千葉にて裁判期日がありました

最近、埼玉や千葉へ、東京をまたいで電車で移動することが多いのですが、どちらも片道1時間半ちょっとぐらいなので、その間ひたすら読書をしています

今日は「夜のエアポケット」(横山剣)という本を読みながら横浜と音楽の世界にワープしていました

電車の中での読書というのは、電車の揺れが大きいせいもあって、知らず知らずのうちに眼精疲労につながっているような気もするのですが、今日も、つい夢中になって本の世界に入り込んでいたら、あっという間に千葉駅に到着していました☆

仕事であちこちに行くので、色々な電車に乗るのですが、個人的には、東急東横線(みなとみらい線)が一番揺れが少ないのではないかと思っています

なぜなら、読書の後の目の疲労感がほとんどないからなのです…

そんなこんなで、私が感じる「揺れ」というのが、車両によって違うのか、速度によって違うのか、線路によって違うのか…etc. 色々これからも試してみたいなぁと思っております

来週はJR湘南新宿ラインを使って浦和まで行くので、本日乗ったJR横須賀・総武線との違いを確かめてみようと思っているところです

中原
[PR]
by kaikou-law | 2007-12-13 18:30 | 業務

一冊の本

c0132608_1134233.jpg
先日とある会合でご一緒した大先輩の弁護士の方に、一冊の本を送っていただきました

本当にありがとうございました

その本に書かれているのは、その先生の弁護士になる少し前の事から、現在までの弁護士としての30年間の事柄についてです

同じ職業の方から、日々の仕事以外の事柄についてお話を伺える機会というのは、実際のところ滅多にありません

そして、事務所や所属弁護士会の異なる先生のこととなると、直接お目にかかることのできる数少ない機会にお話できる内容が限られているので、実際にどのような場面で苦労されたり闘ってこられたりしたのかということを知りたいと思っても、なかなか知ることはできません

また、普段お会いする時のその先生は、本当に気さくで明るくて愉快な雰囲気を漂わせていらっしゃるのですが、時として、理路整然ととても説得力のあるお話を展開されるので、その背景にあるのものを知りたいなぁと常々私は思っていました

ですから、この本を読ませていただけることになってとても嬉しく思っています☆

また大切にしたい本が一冊増えました(*^^*)

中原
[PR]
by kaikou-law | 2007-12-10 18:30 | 日常

道徳

c0132608_14303642.jpg
秋という季節柄、読書が趣味の私は、時間が空いた時につい本屋さんに行ってしまいます

文庫本のコーナーには、次々と新しいものが並ぶけれど、それと同時に、古典と言ってよいようなスタンダードな本たちが、装いも新たに並んでいたりするので、表紙を眺めているだけで心が浮き立ってきます

そんな風にして文庫本コーナーを彷徨って見つけた本の中に、『梅原猛の授業 道徳』(梅原猛著 朝日文庫)という本がありました

実務に出て、刑事事件(ことに少年事件)を受任する度に、最近、家庭や学校で“道徳”についてどう教えているんだろう?という疑問が頭の中によぎってきた私にとって、この本はどうしてもじっくり読んでおかなければならない本のような気がしたのです

・なぜ人を殺してはいけないのか?
・なぜ人のものを盗んではいけないのか?
…一見簡単なように思えるそれらの質問に、自信を持って答えることができるのだろうか?

c0132608_14515712.jpg

接見をする時、そのことについて被告人・少年たちと話し合ってきましたが、自分なりに理解して説明してきたつもりのそれらの質問の答えには、もっと、深く広い知識に裏打ちされた背景がなければならないのではないかと自問しながら今日に至りました

そんな自分にとって、この本は、改めて、“道徳”というものの意味することや、その価値について、整理する機会を与えてくれたような気がします

中学3年生向けの授業をまとめたものですから、言葉も平易かつ丁寧で、本当にわかりやすいものになっていると思いました

せっかくの読書の秋なので、興味のある方は是非読んでみて下さい☆

中原
[PR]
by kaikou-law | 2007-11-27 18:30 | 趣味